こんにゃくパークに行ってみた。

今日は高崎で仕事だった。奥さんも一緒だったので、帰りに甘楽町にある「こんにゃくパーク」なるところへ行ってみた。先日、奥さんがあるお客さんとミーティングした時に「面白いから行ってみて」と教えてもらったのだそうだ。
「こんにゃくバイキングがあるんだって」
とは奥さんから聞いていたが、正直、こんにゃくだけのバイキングってどうなの。。。と思っていた。
とにかく到着。

「ヨコオデイリーフーズ」という、こんにゃく食品製造会社の工場をテーマパーク化したもの。
群馬県だけで全国のこんにゃく生産量の約9割を占めてるんだって!

バイキングがあるんだから入場料取るんだろうと思ってたら無料だった。。

お土産コーナーは当然ながらこんにゃくだらけ。

工場見学も出来る。

運ばれるこんにゃくイモー!

こんにゃくいもって植えつけたら毎年冬に掘り起こして室内に貯蔵し、春にまた土に埋めて、また冬になったら掘り起こして・・・を3年も繰り返すんだって。花も5年に一回しか咲かないらしい。
そして最初の年にはお茶碗くらいだったこんにゃくいもが、3年経つとドンブリくらいの大きさになる。

工場見学したあとは、お楽しみの無料☆バイキングコーナー!

混んでる日は10分くらい並ぶこともあるらしいのだけど、連休前の平日の中途半端な時間だったせいか、スイスイ。

これ全部こんにゃく!

やきそば、ラーメン、カレー、煮物、から揚げ!

こんにゃくやきそば、普通にやきそばだし!こんにゃくのから揚げマジ美味かった!

でもエキサイトして長居し過ぎないように。。ルールを守って試食しよう。

明らかに「お前毎日ここでタダ食いしてるだろ」なオッサンがいたけど、出てけとは言えないよね。

テーブルにはこんな紙も置いてあって。。。
こういうさりげない営業努力が意外に大事なのだ。

とっても楽しいパークでした。
でも大型連休では人が押し寄せてパーキングもろくに出来ないことが予想されるので、GW明けに行くのがいいかもね。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.04.28 | | 行ってみた

三春の滝桜

今日はお客さんとのミーティングのため那須塩原の近くまで出張。
仕事のあと、少し足を伸ばして福島へ入り、三春町へ行った。
これを見るためである。

三春の滝桜。

現地に着く前、周辺道路を走っていると、「ここから渋滞3時間」と書かれた立て看板が・・・・。もしや土日の名残り??恐ろしや。。(-_-;)
進むに連れて「2時間半」「2時間」「1時間半」と時間が減っていく。
そういえば・・・数年前、同じ福島が誇る観光名所「大内宿」に行った時も、Pに入れるためにとんでもない渋滞を経験した。
今日はウィークデーということもあって待ち時間ゼロで駐車場に入れたが、それでも観光バスが5台ほど、一般車両も広い駐車場の7割ほどを埋めていた。

樹齢千年とも言われるそう。。

この大きさに無条件に感動してしまうが、花の色もたたずまいも味わい深く、ただの巨大な桜で片付けられないパワーと魅力があった。
よいものを見た。
今週も頑張れそう(^^♪

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.04.17 | | 行ってみた

アート日和。

今日は千葉県佐倉市にある川村美術館へ行ってきた。

千葉に住んでいた頃に2度行っているのでこれで3度目である。
房総の片隅の里山にある、こじんまりした美術館だが、ここにはなんと本物のレンブラントがある。

レンブラントを所蔵している美術館は東京のブリジストン美術館、静岡のMOA美術館、そしてこの川村美術館の3つだけ。
そう考えるとすごい美術館である。
レンブラント以外にもシャガールやブラック、エルンスト、ピカソ、モネの「睡蓮」もあるし、尾形光琳もあればジャクソン・ポロックもある。
所蔵も素晴らしいのだが、なにより人が少ないのがいい。土曜の午後でも来場者はチラホラ。
上野や渋谷のミュージアムはどんな展覧会でも人が来るのでうるさいし集中できないが、ここはホントに静かで、作品と一対一で対峙できる。人が見ている後ろで得意げに同伴者に講釈する知ったかぶり男もいないし。
あと、芸術を近くで感じてもらおうという趣旨なのか、作品を間近で見ることが出来るのも嬉しい。大抵の美術館は白線が引かれてあって、2メートルくらい下がって見るものだが、ここはピカソもシャガールもモネも「ガン見OK」である。アートとの距離が近い。素晴らしい。
レンブラントはさすがに線が引いてあった(と思う)が、それでもレンブラントを誰にも邪魔されずに独りでじーっと眺めていられるゆとりがある美術館はここだけではあるまいか。

そんな訳ですごい久しぶりに美術館の空気を吸った。
ホコリを被っていた感性がはたかれて、忘れていた歓びを思い出して、またアートにどっぷり浸かるのもイイナ、と思った。画集を買ったり、レプリカを額に飾って玄関にバーンと飾るのもいい。
生活にもっとアートを取り込もう。
そして自分自身もアーティストであり続けたい。

芸術で心の渇きを潤したあとは、アートとは真逆の凡俗の世界へ!v( ̄ー ̄)v

印西市にある「メガマックス」って家具のアウトレットのお店。
以前、ソファを探していたときにも紹介したと思うけど、今日は事務所の新しいテーブルとインテリア雑貨をチェックしに。
キホン家具中心だけど食器や雑貨もたくさんあって、見ているだけで楽しい。

今日は春前だからかガーデニング雑貨が目立つところにたくさん置いてあった。



こういう形のテーブルが理想的かも。

でもイスの柄がちょっとなあ~。
なかなかコレ!っていうのに巡り合わないのが家具の世界。
辛抱強く探しましょ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.03.04 | | 行ってみた

ざざーっと行きます。

いまさっき出張から帰ってきました。これまでで最強にタイトで神経の磨り減る出張だった。無事行って帰って来れただけでもラッキーだったと思う。
でも日本中を走り回ると、色んな風景に出会えて、刺激も多い。
このブログの読者さんは自慢するほど多くはないのだけど、もしかしたらそのうちの誰かの生活圏内をかすったり、訪れたりしていると思うとそれもまたロマンチック(?)である。
今回は中日本~関西の旅。
時間もないしちょっと疲れているので、ざざーっといきます。

車中泊した長野・松代SA。

朝起きて車から出たら雪に囲まれててビビった。(着いたのが夜だったからこんなに雪があるって知らなかったのだ)
その足ですぐ長野市内に入ったら歩道はこんな感じで・・・。マジすかと。

「長野の人間はいま、疲れてるよぉ」
と現地で会った長野の人。
「先週も雪、今週も土日、雪でさ。休みの日にみんな雪かきしてたから、疲れてるんだよ」
雪国の人は強い。本当にそう思う。

長野から岐阜へ向かう道中。

国境のトンネルを抜けると・・・

晴れてた。

海なし県が意地で作った水族館がある。
埼玉も見習いーな。

岐阜からお次は名古ー屋。

清洲と名古屋を結ぶこの橋をいつも通る。

翌朝は三重・四日市。

奈良を通って・・・・

大阪。

大阪での仕事がゴール。
同じ日でも地域によって全然天気が違ったり、さっきまで雪が積もってたのに10分走ったら雪の「ゆ」の字もなかったり。。。一筋縄ではいかない日本の国土の多様性を見た。
そのまま大阪から埼玉までぶっとおしで走りきってやるぜ!と頑張ったんだけどスタミナがここで切れた。
zzzzz・・・・・

そして夜が明けた・・・。

本当は今日事務所に戻っていなければならなかったんだけど、ちょっとそんな元気なかったので連絡してお休みに。。。
で、富士山のふもとで眠る父に新年の挨拶に。

今日の静岡は超快晴で、富士山がこれでもかってくらいよく見えた。
墓参りも出来、仕事も終えて肩の荷も降りたことだし。。。
ってことでショッピング大会。
いつも墓参りだけしてすぐ高速に乗ってしまっていて、まったく未知だった富士宮の街で数時間過ごした。
って、、イオンモールだけど(汗)

いやいや、ここはなかなか良かった。平日だったからか静かで、冬物一斉処分してて3割引~半額ってのが結構あったし。
そのノリで夜は御殿場。

掛川SAでぐっすり8時間爆睡したのと、仕事が終わった安心感とで財布も緩んでしまった・・・。(-_-;)

色んな街の横顔をざざーっと紹介しました。
合間合間に町々のスーパーやコンビニに立ち寄ったりしているので、数少ない読者の皆さんとはどこかですれ違っているかもしれませんね。

ってなわけで今夜はもう寝まーす。

☆クリックしてもらえるとむっちゃ励みになります☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.01.25 | | 行ってみた

20年目にして初・アクアライン

今日は千葉の君津市の顧客のもとへミーティングに出かけた。
先日、先方からの電話で、「君津ですが、来ていただけますか」と言われたとき、何となくのイメージだけで「さいたまからだと、2時間くらいっすかね」などと軽口を叩いてしまい、あとでグーグルマップを見て「遠っ!!!」
「木更津より下かい!緯度で見たら茂原よりも下だし」(⇐茂原基準)
千葉で生まれ育ったクセに房総半島の地図が頭に入っていないのである。むしろ愛知とか三重とか長野とか、出張でよく行く県のほうが詳しいかもしれない。。。
千葉の交通インフラの未発達具合は有名で、一般道で行くとしたらそれこそ同じ時間で水戸や宇都宮までも行けちゃうレベル。
半島にお住まいの人なら分かってくれると思うが、半島というのは入るのも出るのも不便に出来ているのである。
先方が電話で「アクアラインで来てもらった方が早いと思います」と言っていたのを思い出し、ルート検索したら、確かに。。。

そりゃそうだよね。そのために作ったんだから。(ハマコーが)
なんだかアクアラインで行きたくなってきた。
思えばこの年になるまでアクアラインを走ったことがない。高校時代に一度東京見物の際にバスで通過したらしいが、爆睡していたのかこれっぽっちも記憶にない。
大体、片道5000円くらいかかると思い込んでいた(今は800円)のと、なんとなくチャラいイメージがあって、「ケッ」みたいな、とんがってて。。走りそびれてたあの頃。
首都高で川崎まで来て、いよいよ初めてのアクアラインへ。

仕事なのに、地元なのに、なんか違う世界へワープするみたいなワクワク感。

目的地はただの君津市でも、その<行きかた>によって、こんなにもロマンとアドベンチャーを感じられるんだな。
だから僕は道路が好きである。インフラが好きである。インフラには夢がある。可能性がある。「インフラ整備」「道路工事」と聞くだけで「ムダムダムダ!」「削減!」「見直し!」と決めてかかる人というのは、ドライブも旅行もしないような超インドア派なのか、それとも徒歩圏内だけで全てが充足できる人なのか。。と不思議に思う。
削減だの見直しだのと言った言葉はリベラルぶりたい向きには心地よく響くだろうが、なんとまあ不景気な響きであることか。聞いていると心が貧しくなりそうだ。

作る。造る。創る。
開く。拡げる。増やす。
進む。
田中角栄のようなドカーンとしたダイナミックな大風呂敷を拡げる政治家がもうちょっといてもいい気はする。
せっかくオリンピックもやるんだし。

―・・・なんてフワフワ考えているうちに「海ほたる」に着いてしまった。

へー。神奈川と千葉ってこんなに近いんだなあ。木更津も横浜もハッキリ見える。
そして両者のギャップも・・・(-_-;) 
むふう。。横浜なんか嘉永6年くらいまではナマコとカニとヤドカリくらいしか住んでいなかったのになあ。(あ、それは木更津も一緒か・・・)

海の上から見る富士山。すごい。デカイし。。。

時間が押しているので風景を見て早々に退散。。。もうちょっと見学したかった。技術資料室のようなものもあるらしいのだが。また今度来よう。
ちなみにアクアラインが開通したのは1997年。もう20年も前なんだね。(道理でちょっと古ぼけた感が・・・)
かつては数千円の通行料払ってでもここへ来る人が車の列を作っていたのだろうけど、今ではどうなんだろう。

さてさて、木更津方面へ。

空に雲がない。とんでもない晴れ方。仕事をしに来たことを忘れそう。。

アクアラインを出ると一気に千葉の景色に。この雑木感。

この白とも黒とも灰色とも茶色ともつかない景色。
そろそろ全人生のうち埼玉時代のほうが長くなろうと言うのに、やっぱり故郷の引力、磁力、包容力には抗えない。
君津なんてたったの一度も来たことがない(それどころか内房自体ろくに来たことがない)のに、初めて来た気がしない。
自分の育った町と、やっぱりどこか続いているのだ。自分とも、つながっているのだ。


久留里ってこの辺なんだ。今度久留里城に行ってみよう。


顧客のもとへはしっかり時間通り到着し、ミーティングが終わった頃にはもう日が傾いていた。

アクアラインが出来て木更津に移住する人が増えて、隣の君津の人口は減るばかりであること、おまけに過疎化も進んで今何か対策をしないと近い将来間違いなく商売にならなくなることなどなど、地方都市での切実な現実を聞き知った。
都市部に住んでいると「高齢化」は肌で感じても、「過疎」は遠い世界の話である。
そんな逆境の中にあっても活き活きとチャンスと可能性を語る社長を見て、来てよかったと思った。
自分も頑張ろう。
明日は地元・埼玉の顧客とミーティングだー。。(>_<)

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.01.17 | | 行ってみた

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム