冬が去る。

今日でハードだった一週間も終わり。ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!


街で見たかわいいもの。@TULLY'S

黄色のイスに黄色の鉢にクッカバラらしき植物。いいなー。

あ、勝手に出てしまう広告表示、みなさん消えてますかね。消えてると思うんですが~。
結局、FC2のほうに問い合わせても原因不明で(でもFC2の人は根気よく対応してくれて頼もしかった)
「テンプレ変えても出るようだったらお引越しだなこりゃ」と、新しいデザインのテンプレを探したりしたのだが、ふと「もしや」と思うフシがあって、そこを当たってみたら消えました。
「そこ」とは、このページの←の欄に小さい窓で「ほかの記事もどうぞ」見たいな感じで過去記事の画像がサムネ表示されていたと思うんだけど、それ。
名前は複眼RSSとかいったかな。フリーのブログツール。
FC2の人に「最近何か外部ツールとか入れましたか?」と聞かれてたんだけど、最近そんことしてないから容疑者リストに入れてなかった。でもその複眼を削除したら広告が出なくなったので、十中八九それが悪さをしていたんだろう。
入れたのはもう何年も前のことだから、分からなかった。
けっこう気に入ってたんだけど、人のブログ乗っ取るような真似するツールじゃもう使えないよね。
そんなわけで、お騒がせしました。m(__)m
もし皆さんのブログで似たような現象が起きたら、まずフリーの外部ツールを疑ってみてくださいませ。

もう解決したからいいんだけど、いい機会だからこのテンプレート変えるのもありかなと思ったり。
もう6年間もずっと同じだからな・・・。(-_-;)
週末はこの暖かさに乗じてこれ↓をやろう。

つるばらのオクラホマの剪定。
先週も手の甲や首を傷だらけにしながらつるばらの剪定をしたけど、まだこのオクラホマとピエールドロンサールとグラハムトーマスが残っている。
グラハムとピエールはトゲがないからすぐ終わると思うけど、このオクラホマは殺傷能力があるんじゃないの?と思うくらいごっついトゲがいっぱい。

今日、風の中に春が踊っていたので、冬が帰り支度をはじめた。
外套を羽織って靴べらを手にとり、背を丸めてドアを開けようとしている。
冬が去る。
ポタージュスープを飲み残し。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.02.17 | | 未分類(日常、随筆)

壊れたハートのなおしかた。

ハートは壊れやすい。

落しても蹴っても投げても壊れないのに
触っただけで壊れる時があったり
しぼんだり
破けたり
枯れたり
燃えたり
もする。

そして自分ではなかなか治せない。

治しても、

傷は残る。

残り続ける。

遠くからでは見えないけど、それは確かにあって、
誰にもあって
傷と傷が愛をつくって、
愛が傷を埋める。
愛と愛が傷をつくり、

馬鹿だったなって思う。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ




2017.02.09 | | 未分類(日常、随筆)

節分

今日は長野で仕事。この前来たばっかりだけど。


善光寺に行ったらすごい人でびっくり。

なんやねんと思ったらそうか。今日は節分だった。
このシーン、テレビで見たことある。

と思ったら真田昌幸登場。

マサオこっちこっちー!

マサオの投げたものは取れなかったけど、
一個だけジャンピングキャッチした。

豆じゃねえ!

すいません・・・風邪引いたので今日はコレで・・・。(-_-;)ゲホッゲホッ

あ、メールでも読者の方に言われてるんですが、PCで見るとき両サイドに広告出るようになっちゃってます。消そうとしたけどFC2によると6日まで非表示に出来ないとかなんとか。PCのみの方はクッソ面倒かと思いますがいちいち消してお読みいただくか、スマホで閲覧してくださーい。m(__)m
こういうことしてると他社にブロガー取られるぞFC2。
僕だってFC2にしたのは一番画面がシンプルだったからなんだから。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.02.03 | | 未分類(日常、随筆)

おやすみ。

仕事で遠いところにいるので今日はお休みします。
201701242349317ed.jpg

20170124234526741.jpg

また明日^_^

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.01.24 | | 未分類(日常、随筆)

失われたチカラ

今日は短編小説です。(※写真と文章は関係ないです・・・(-_-;) )

♦♦♦♢♦♦♦ ♦♦♦♢♦♦♦ ♦♦♦♢♦♦♦ ♦♦♦♢♦♦♦ ・・・・・・・・ + ・・・・・

彼はすっかりフヌケになった。

牙を抜かれて、毒の混ざった血液は中和され、蒸留された。鉄製のコンテナも切り裂いた硬いツメは放置自転車のチェーンのように錆びつき、翼はもぎ取られ、片翼はホウキになり、もう片方の翼はトイレのマットになった。
洗濯機を回しながら天気予報を見ていなかったことを後悔し、芳香剤のニオイに感動するようなニンゲンになった。インゲン豆みたいに簡単で単純で1+1は2の生活に満足するようになった。暗闇でも10キロ先までくっきり見渡せたハイテクの眼球も今ではスマホに疲れて役に立たない。
彼はかつてはスーパーヒーローだった。

ビルから落ちた子供を間一髪で拾い上げたり、火事場に突進するタンクローリーを持ち上げて大惨事を未然に防いだり、狂った博士が発射したロケットをビーム光線で爆破したりした。人々は彼の周りに輪になって口々に感謝や祝福の言葉を叫んだ。ありがとう!ありがとう!すてきー!抱いてほ-るどおんみー!

「パワー」は永遠に続くと思われた。使えば使うほど強くなっていくような気さえした。根拠のない自信が彼を奮い立たせ、また、輝かせてもいた。敵はみんな自分より小さく見えた。指先で将棋の駒を弾くように敵を蹴散らせた。美しい女たちは彼の竜巻のような胸毛と純白のシーツの間に生き埋めになったまま快楽のジェットスキーで宙をくるくると舞った。彼は全てを手に入れ、全てを与えることができた。
「パワー」はブレーカーが落ちるように突然なくなったりはしなかった。
彼自身でも気付かぬほどさりげなく、やさしく、タンクから一滴ずつ水が漏れていくような緩慢さで、彼の皮膚から立ち消えていった。
少しずつパンチには重みがなくなり、2年もすると、ビルの20階まで飛び上がれたのが4階までしかジャンプできなくなった。老人を背中で庇って暴走車に激突されたとき、「痛い」と思った。以前は蚊が止まった程度にしか感じなかったのに。
最悪なのは、ビーム光線が間違って一般人に命中してしまったことだ。当たった相手は黒こげになった。
彼は明らかな異変を感じた。

気付くと警察が彼のネグラを包囲していた。彼はもう誰からも愛されるスーパーヒーローではなくなっていた。ただの中途半端に強い鼻持ちならない目立ちたがり屋のスットコドッコイだった。
窓が撃たれ、外光が薄暗い室内に一筋の黄金のロープを張ったように見えた。
かつての彼なら、飛んでいる銃弾にサインをして送り返すことだって出来ただろうが、今は当たればどうなるか分からない。
彼は両手を挙げてネグラから外へ出た。
わっと警察隊が彼を取り囲んで、警官たちの黒い、安っぽい革靴に耳たぶを踏まれた。
彼は土ぼこりに咳き込みながら、自分がス-パーヒーローだった頃を思い返した。
ひっくり返した新幹線や退治した強敵、殺したライバルの顔がよぎった。救けた人たちの顔や夜をともにした女たちの顔はボヤけていた。

いつかこういう日が来ると思っていた。
と、彼は思いたかった。
でも、そんな日が来るなんて、彼はたったの1秒も考えたことがないのだった。失うことのないパワーだと信じていた。
そんな自分を間抜けだとも思わなかった。むしろ信じないヤツのほうがオカシイとさえ思った。また「パワー」が手に入っても、俺は失った時のことなんて考えるものか。考えられないのだ。信じて何が悪い。
閃光が走った。
顔を上げると警官たちの肩越しにパシャパシャとフラッシュをたくカメラマンや野次馬がうごめいていた。
何か質問されたが、よく聞こえなかった。
ただ、踏まれた耳たぶがずっとひりひり痛かった。  /終

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.01.16 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

祐平

Author:祐平
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム