■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
せわしないオッサンの話
今日は朝からとある資格の更新の講習会へ行ってきた。
200人くらい来ていた。
受講票を見ながら自分の番号の席へ行くと3人掛けの長机の真ん中である。
しかも両サイドばっちり着席している。それも男。若いピチピチギャルに挟まれるなら何時間だっていてやるがこれはキツイ。もっさいメンズサンドウィッチで5時半まで退屈な講義を聴いていなきゃならないなんて。。
案の定右隣のオッサンが落ち着きのない人で、やたらと動く。
なぜかそのオッサンが手をテーブルに置くたびに長机がギシッ・・と揺れる。自分と左隣の男が同じ動作をしても机は揺れない。オッサンの手の置き方がおかしいのだ。
おまけにあくびを連発する。
あくびをするのはいい。
この手の講習で眠くならないほうがどうかしている。
しかし「ふぁーあ」と口に出してする。それがいかにも品がない。だらしがない。
手で口を塞ぐなんて発想は微塵もない。
親の顔が見てみたい。
親もきっと同じあくびの仕方に違いない。
10分間の休憩になった。
会場はビルの4階である。短い休憩の間にトイレや一服しようとみんながエレベーターの前に集まる。自分は前のほうにいた。
エレベーターが来た。
10人ほど乗り込んだ。あと1人か2人乗れそうだった。
そこへあのオッサンが小走りにこちらへ向かってきた。
自分は少し嫌な気がした。
一番前にいた男がボタンに手を伸ばした。
容赦なくドアが閉まり、オッサンの意外そうな顔が閉まりゆくドアの隙間から覗いた。
数分後、自分は煙草を一本吸って今度は上りのエレベーターを待っていた。
次の講義が始まるからまたみんなエレベーターの前に集合した。
また10人ほど乗り込んだ。
ドアが閉まりかけた時、またあのオッサンがこちらに向かって小走りにかけてきた。
「どこまでも要領の悪いやつめ」と自分は思った。
オッサンの2歩手前でまた誰かが容赦なく「閉」ボタンを押した。
またしても閉まり行くドアの隙間からオッサンのぽかんとした顔が覗いた。
一体何なんだあのオッサンはと自分は思った。
夕方になった。
長かった講義も終わる時が来た。
座席の1列ごとに立ち上がって並び、それぞれに新しい資格証が配られる。
ホールの右端から配られた。自分たちは一番左のテーブルだったから最後の最後である。
にもかかわらずオッサンはカバンに教材をしまいこみ上着を着てソワソワと帰る準備を始めた。
自分たちの席の通路は右側にあった。
3人掛けの椅子だからオッサンが一番先に立ち上がることになる。オッサンが通路に並ぶと次は自分の番である。つまり自分はオッサンが座っていた席から通路に出る手はずだ。
だから同じ列で右側に座っていた人はみな椅子をテーブルの下にしまいこんで帰ってゆく。
真ん中の人と一番左の人のためだ。
とうとう自分たちの列の番になった。
オッサンは勢いよく椅子を引いて立ち上がると、そそくさと通路に出て並んだ。
自分は全く期待していなかったので何とも思わなかった。自分がオッサンの代わりにオッサンの椅子をしまってやればいいと思っていた。
その時、あの一刻も早く帰りたいはずのオッサンがくるりと踵を返してこっちに戻ってきた。
そして何か重大な忘れ物でもしたかのように引きっ放しの椅子を席に押し込んで、すまなそうに自分に頭を下げた。

全部許せた。

家に帰った。
梅が咲いていた。開花第一号だ。

ときどき、捨てたもんじゃない。
と思うこともある。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ











大阪で産業廃棄物収集運搬業の許可を取るなら!

未分類(日常、随筆) | 23:17:49
人間のすること
最近、ジュリアンの花が引きちぎられる。
鳥の仕業である。
何という名の鳥か知らないが、ちぎられた花を見るとクチバシでついばんだような痕跡がある。
鳥は磁石が嫌いなので冷蔵庫に貼る小さい磁石を苗の横に置いたが効果はなかった。
ジュリアンの中でも特に黄色い花が好きらしく、赤やピンクのジュリアンは無傷である。
グルメというのか何なのか、鳥の癖に選り好みをする。
去年は寄せ植えにしていた苗がプランターから引きずり出されて土と一緒に地面に転がっていたこともあった。その時は殺意が湧いた。
カラスも巣の装飾用に派手な色の花を持っていく。
自分で植えろや。
と思う。

まあ、動物がすることだから心のどこかでは可愛いなと思えなくもない。
猫もよく来る。
小屋の前の日向で丸くなっていたりする。
その姿がむちゃくちゃ暖かくて気持ちよさそうなのである。
そこそんな暖かいのと思って近づいたらバック転しそうな勢いで飛び上がって逃げていった。

可愛くないのは人間である。
最近、飲食店などの従業員が下劣な動画を投稿して問題になっている。
魚の切り身をいったんゴミ箱に捨ててまな板の上に戻す回転すし店の店員もいれば、ナゲットを床にこすりつけるカラオケ店の店員もいた。
何のためにそんなことをするのか意味が分からない。
意味不明すぎてライバル企業の送り込んだ鉄砲球かと思った。
こういう度を越した馬鹿の投稿した動画をメディアは「不適切動画」と呼んでいるが、「不適切」じゃなくて「悪質動画」とか「下劣動画」と呼ぶべきだろう。
「不適切」というのは時と場合によっては適切だが今はふさわしくないよね、という場合に使う言葉である。
ナゲットを床にこすりつける行為が一体いつなら「適切」なのか教えて欲しい。

自分は高校生の頃、某大手ファストフード店でアルバイトしていたことがあったが、どんなに叱られたり先輩や店長にムカついても仕返しに企業全体の信用を落としてやろうなんて大それた発想はなかった。
未成年が内輪のネタにしたくて遊び半分でやったものが意図せずしてユーチューブに上がってしまった、というものもあるだろうが、それにしたって不快すぎるし第一ひとつも笑えない。
そういえば福島の帰宅困難地域に外国人が無断で入って困ると昨日ニュースでやっていた。
あれも同じでただ入るのではなく、不法に立ち入った民家の内部などを撮影し、ユーチューブに投稿するのである。
肝試しか好奇心か知らないが、こっちはいい大人たちの蛮行である。

こういう不届き者の投稿者には罰として一定期間、かわいいモフモフ動画しか投稿できないようにすればいい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ














産廃 行政書士 許可



未分類(日常、随筆) | 20:52:49
店頭
連休最後の日。
結局3連休は刺すような寒さで天気もイマイチだった。
庭で何かしようと思っていたけど結局出かけたり買い物行ったり部屋の掃除をしたり・・・それでいながら本当にしなければならないこと(仕事関係)には1秒も時間を使わず。。。我ながら休日の使い方が上手くない。
まあ、そんなもんか。
あ、でも数年ぶりに新しいギターを買えたのは良かった。

ギターと言っても可愛いもんで、アンプ内臓のミニギターである。
キッズコーナーに置いてあるようなものだ。
アンプ内臓だからスイッチを入れるだけでガーっと音が鳴る。
ブログを書いている途中に煮詰まったらソファに座りながらガーっと弾ける。
近所の某楽器チェーン店で買った。
楽器屋に行くこと自体久しぶりである。
今は何でもアマゾンで済ませようとする自分がいる。
奥さんは既に価格調査をしていたらしく、店頭価格を見て「まあネットでもこんなもんやで」と。
「そうか。なら試し弾きさせてもらおう」
試し弾きしたら想像以上にパフォーマンスが良かったので買うことにした。
「え?この値段で買うん?」
と奥さんがビックリ仰天したような顔で言う。
あとはいつもの通りの展開だ。
関東人である自分には値引かせるという発想はいつまで経っても希薄で、そういうことはそういう文化のある場所から来た人にやってもらうに限る。
結局表示価格から○千円も値引いてもらったうえにピックもおまけでつけてもらった。・・・といっても、他の商品も抱き合わせで買ったからだけど。
なかなか出来る店員さんで、色々話も聞けたし面白かった。
こういう柔軟なお店は楽器チェーン店では珍しい。
またここで買おう、という気持ちになる。
ネット通販ではこうはいかない。
店頭だからこその触れ合いやお得感に改めて感動。
そして我が妻の値引き交渉に感謝感謝m(__)m

庭では奥さんの植えた福寿草が開花した。

これからいろんな花が続々咲き始める。
咲くなと言っても咲きまくる。
春が来るのは誰にも止められない。
花を愛する誰もが
庭に恋するひとになる。

明日からまた仕事、頑張ろうっと☆

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ










産業廃棄物の許可が欲しい!

未分類(日常、随筆) | 23:07:49
「関東平野部」って言うな
大雪になると騒いでいた割には大して降らなかった。
今日は午後から都心にいたのだが、東京もみぞれと雪の間のような小粒の白いパウダーが舞っている程度だった。
ところで、ニュースではよく「関東平野部」という。
「関東平野部では多いところで8センチほど雪が積もる見込みです」などと。
よく考えるとこれはけっこう曖昧でいい加減な表現だ。
関東は大半が平野だから一言で「平野部」と言ってもたくさんある。
大宮も、館林も、藤岡も、小山も、つくばも、練馬も、三鷹も、霞ヶ関も、柏も、成田も、茂原も、茅ヶ崎もみな平野にある。少なくとも山間部とは言わない。
同じ「関東平野部」でも成田は結構雪が降る。先々週だったか、雪が降る降るといって全然降らなかったときも、箱根と成田は大雪で、成田空港では飛行機がスリップした。
逆に数年前の大雪の時だ。自分は成田の病院に入院中の父を見舞いに行こうとしたのだが、浦和は首都高も閉鎖されるほどの<ガチ大雪>で、結局家に引き返さざるを得なかった。しかし成田はただの雨だったらしく、電話の向こうの父に「どうして来れないんだ」といぶかしがられた。
こういうことはよくある話だろう。
雪が降った後、あっちの町よりこっちの町のほうが残雪が多いとか、こっちは全然降らなかったとか。
にもかかわらずこの馬鹿でかい関東平野を十把一からげにして「関東の平野部では~」と言うのは少々乱暴である。そんなのは天気予報でもなんでもない。
平野部の少ない近畿や四国で使うならまだしも、関東は関東平野というくらいなんだから大半が平野なんだよボケ!と言いたくなる。

ってことで・・・
ワインレッドのヘレボが咲いた。

ヘレボといえばあのクリーム色の花だが、この色もお洒落で大好きだ。
なぜこっちが咲きに咲くのかは謎。
明日明後日は庭のこと、家のこと、頑張ろうっと☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







大阪で産業廃棄物収集運搬業の許可を取るなら!

未分類(日常、随筆) | 23:38:37
消えた「たしなみ」
日本は右傾化している、と言われて久しい。
右傾化というのは大衆が保守的な考え方に傾いていくことである。
では保守とは何か。
古きを重んずること、自国の歴史や伝統文化に誇りを持つこと、国土を守ろうとすること、進歩的・革新的な風潮や考えに逆らうこと、・・などなどである。
そしてネットが広まってからは<既存マスコミ(主に新聞・テレビ)を疑うか否か>が保守かリベラルかを見分ける最も分かりやすいリトマス試験紙となった。
ネットのお陰で朝日や毎日が何食わぬ顔で垂れ流していた過去の偏向・売国・虚偽報道がじわじわ国民の知るところとなり、動画サイトではキー局の朝のワイドショーがいかに民主党寄りに作られているか、NHKがいかに中国や在日朝鮮人に「忖度」して来たか、などなど、客観的に分析検証され、「偏向報道」という言葉が巷やお茶の間でも当たり前のように使われるようになった。
左翼のユートピア、新聞・テレビの死だ。
そこからさらに5年ほど経った。
朝のワイドショーも新聞もだいぶ大人しくなった。
いま、韓国がレーダー照射したのに開き直って日本を罵っている。
もしこれが20年前だったら、「日本に全く非がないといえますか?」といった韓国に理解を示すアホなコメンテーターの声で朝からムカムカしながらトーストをかじっていたはずだ。
ネット登場以前は、それが文化人の「たしなみ」だった。
作家、作曲家、歌手、芸能人、司会者、評論家、大学教授果ては漫画家まで・・・マスコミに登場する「文化人」とされる人は大抵みな左寄りだった。
戦争には負けたが経済では勝った先進国の余裕で、「謝ればいいじゃない」「お金で解決出来るならそうすればいいじゃない」「実際戦争したんだし、あちらさんにも迷惑はかけたんだから」
そういう立ち位置というかマインドで国際問題を語ることを好んだ。
そのスタンスが最も「馬鹿に見られない」と信じられていたからである。
「毅然として言うべきことは言うべき」「一歩も譲るな」
なんて言説は一発で「右翼」扱いされた。
それが00年代前半までの日本だ。
そういう風潮にムカムカしてもそれを吐き出す場がなかった。
なくてさらにムカムカした。
そう考えるとだいぶ変わった。
今は逆だ。
「謝ればいいじゃない」「あちらさんにも迷惑はかけたんだから」・・・こういうスタンスこそ一番頭の悪い人の言う言葉とされている。
もう誰も韓国の味方をしない。
少なくともテレビをつけていて韓国に理解を示したり、日本が悪いという人はてんで見かけなくなった。
それを朝日新聞などは「息苦しい時代」などと時々ぼやいたりしているが、言論の自由が保障されているのだから言いたければ言えばいいのである。
しかし国際問題に限って言えば、日本国が絶対悪いケースというのは滅多にない。
日本が約束を守らなかった、日本が嘘をついた、日本が他国を出し抜こうとした、日本が騙した、日本が歴史を歪曲した・・・・
ないない。(-_-;)
むしろそういわれるくらいの外交手腕が欲しいくらいの国である。
だから外交や国際政治、歴史認識問題などに限って言えば、偏向報道したくてもしようがない、というのが現実だろう。昔はそれでも裏も取らずにムードだけであることないこと印象操作の道具にしてきたが、今だとすぐに検証され拡散され、問題にされる。
だから出来ない。
マスコミは自分たちを権力のチェック機関だとうそぶいてきたが、そのマスコミをチェックする機関はずっとなかった。
だから好き勝手にやれた。
今はネット(というかネットユーザー)がマスコミのチェック機関になっている。
素晴らしいことである。
DSC_0333x983 (13)
いま、日本人の嫌韓感情はピークに達している。
次の選挙で韓国との断交を掲げた政党は躍進するんじゃないかと思うくらいだ。
韓国を守る日本人はもういない。いても表に出て来れない。
どうなることやら。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









大阪で産廃の許可を取るなら!

未分類(日常、随筆) | 23:15:43
次のページ

FC2Ad

まとめ