政治家使って何が悪い

世の中には<岩盤規制>が腐るほどある。
岩盤規制というのは、おおまかに言うと、既得権益(ずっと自分が安定していられるポジション)をキープしておきたい業者や団体が、行政に圧力をかけたりして堅く門を閉ざし、事実上、新規参入など不可能な状態にすること、もしくはそういうシステムで運営されている諸々の許認可などのことをさす。
日本獣医師会が行政とグルになってやってきたことが、まさにそれである。
しかし加計問題に限らず、日本という国は<既得権益大国>で、既存の力のある少数によって物事が決められる傾向にある。
オリンピックのようなビッグイベントにおけるゼネコンの受注独占もそうだし、地上波デジタルになってもなぜか民法キー局が依然としてムダに電波を独占しているのもそうだし、身近なところではジャニーズ事務所以外は男性グループを「アイドル」と銘打って売り出せないのもそうだ。
犬も歩けば「既得権益」。
政治から芸能まで、どの業界でも意味不明な「ルール」「暗黙の了解」「忖度」がまかり通っている。
理屈とか論理とかツジツマとかフェアネス(公正さ)、といったものより「馴れ合い」や「慣習」で物事を決めたがる、ほとほと困った国民性なのである。
そしてそれを打破しようとすると、想像を絶する反撃が行われるのもこの国の特徴だ。
いまの安倍総理がいい例だ。
前川前事務次官は総理の意向で物事が決められ、「行政が歪められた」と言ったが、50年間に渡ってたったの一校に対しても獣医学部新設を認めずにきた行政(文科省)のほうがよほど歪んでいると思うのは僕だけであろうか???
しかもそれでことが足りているならまだしも、明らかに四国では獣医師の不足が深刻化しており、BSEや鳥インフルといった新たな脅威も出始めていた。
行政に真っ向から頭を下げ続けても何年間も門前払いを食らい続けた愛媛県知事や学校の理事長が、有力政治家に力を借りることがそこまでの悪だとは僕には思えない。

たとえば、あなたが子供の頃からの夢であった、ナチュラル系のカフェを開きたい!と思って保健所に営業許可の申請に行ったとする。そこでこう言われる。
「この街にはもうカフェは足りてますので、現在新規の申請は受けておりません」
でも実際にはその街にはカフェはたった3軒しかない。そんなはずはないと思ってもう一度行く。
「カフェは足りてます。でもま、申請したければしてもいいですよ。どうせ許可は出ませんけど」
よくよく調べると、既存の3軒のカフェが結託して新たなカフェを作らせないよう役所に働きかけていることが分った。
さらに市民からは「カフェ足りないよね」「新しいカフェでも飲みたいね」との声も聞こえる。
それでも役所は「足りてます。募集はしてません。50年間3軒のカフェだけでやってきてるんで大丈夫です」の一点張り。
そんなとき、あなたの幼馴染が市長に立候補して当選した。
幼馴染でもある市長はあなたの自宅に挨拶に来て
「何か困ってることがあったら言ってよ!ゼア!」
と言ってくれた。

極端な例だと思うだろうが、極端でもなんでもない。
たとえば皆さんが毎日のように利用している「一般ゴミ」の収集業者。
生活ゴミをルートで回って収集してくれているゴミ屋さんも、引越しの時などに出た多量ゴミを引き取ってもらう業者さんも、市町村の指定業者で、市町村から許可を与えられて営業している。
しかし、たとえば僕がパッカー車を買って同じ仕事をしたいと思っても、ほとんどの自治体では新規参入を認めていない。
どれだけゴミが増えようと、高齢化が進んでゴミの処分に困るお年寄りが増えようと、一般ゴミの世界はまさに<既得権益ワンダーランド>で、既存の業者が手厚く保護されている。
だから本気で新規参入したい業者は政治家を使う。
それしか方法がないからである。
僕は仕事関係で何度も政治家の「鶴の一声」を見聞きしてきた。
市議会議員が動いて、どうにもならなかった問題が動いたり、役所がケロっと態度を改めたり。
そんな世界だ。
これが現実なのだ。
そしてそんなことくらい、マスコミも野党の政治家もみーーんな心得ている。
分っていながら、忖度がどうのと喚いている。
安倍首相が見返りに1億円もらったとか言うなら問題だが、そんな話でもない。

さび付いてビクともしない城門を蹴破れるのは、政治家しかいない。
そういうのが大好きだったのは他でもない民主党だった。
「官僚主導から政治主導へ」と声高に叫んだ。
だから愛媛県知事の嘆願に応えて、獣医学部新設を邪魔する岩盤規制を打破しようと頑張った。
マスコミも官僚主導の政治を嫌い、日本中が「官僚が悪い!」「官僚が政治をつまらなくさせている」と乗った。
それがなんだ。
今では前川氏のようないかがわしい官僚くずれを妄信し、融通の利かない頭でっかちのお役所を擁護している。
前川氏は職を辞してさっそうと現れたせいで何故か英雄のように思われているが、あれは役所が築いた岩盤規制の門番みたいな男だということを知るべきだ。上の例で言うと、「カフェは足りてますから」と申請者を門前払いする役人。
そんなヤツが出してきた出所不明のペーパーから始まったのが、「加計学園問題」である。

テレビの偏向報道がここ数年来でもっともひどくなっている。
「安倍を悪者に」「安倍が消えればなんでもいい」という結論ありきでやっているから内容もメチャクチャだ。目的の為なら手段選ばずはマスコミの常套手段。
みなさん、ニュースを見るときはくれぐれもご注意を。

☆⊞ クリックしてもらえると励みになります ⊞☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







2017.07.21 | | 時事問題

熱中症と梅シロップ

熱中症のニュースが後を絶たない。
広島では屋根の修理をしていた21歳の男性作業員が倒れているのが見つかり、熱中症により死亡したとさっきテレビで言っていた。若いからといってあまり無理をすると思わぬ事態になりかねない。
ところで我が埼玉県では熱中症で搬送される男女の割合が7対3だそうだ。
男が7で女が3。
埼玉の男は熱中症に対する危機意識が薄いことの表れだとして、県として啓発に努めるとか何とか言っていた。
自分の年齢とスタミナを客観視できない「オトナこども」が多いと言われているような気がして妙に納得してしまった。
確かに、そんな県である。レジャー大好きケンミンである。
そういえば「ミスター熱中症」の所ジョージも埼玉の人だ。

僕は埼玉出身ではないが、埼玉に住んで35度の猛暑のなか帽子も被らずガーデニングなんかしているくらいだから、人のことは言えない。遊びに<熱中>しすぎてめまいを起こすタイプである。
だから最近はガーデニングするときは水筒を持って出る。

ちなみにこの季節、中身はこれ☆

梅シロップ!(先週、やっと氷砂糖が全部溶けたのだ)
ウチの庭の梅のと、市販の梅で作ったものと2種類あって、味比べしながら楽しんでいる。
氷を多めに入れた魔法瓶に、シロップと水、5分の1くらい炭酸水も入れて混ぜ、庭へと出陣する。
全身土だらけ。溶けそうな午後。ガーデニングの合間に頂くキンキンに冷えた自家製・微炭酸梅ジュース。
生きる喜びとはこのことかと思う。

今日は午前・午後それぞれ顧客の事務所でミーティングして、市内でちょっとした営業活動して夕方帰宅。よく喋った日だった。喉がちょっと痛い。。(-_-;)
おっ、気づけばもう金曜じゃん☆わーい。
こういうのが一番ね。「まだ○曜日かよー」ってのが一番イヤだ。この「ワープ感」がいい。
まあ、月曜日休みだったからだけど・・・。
今日、両手に荷物をたくさんぶら下げて下校する小学生たちを見た。
その学校は今日が終業式だったらしい。
黄色い通学帽が小さなひまわりのように輝いていた。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ








解体工事 登録 行政書士

2017.07.20 | | ガーデニング

こうもりらんを飾れる場所

このあいだ爆買いした時に、観葉植物と一緒に何株かこうもりらんを買った。
ずいぶん前から奥さんが欲しがっていたのだが、値段が高かったり他のものに目移りしたりで結局先延ばしになっていた。
月曜日、憧れのこうもりらんをお洒落に飾りるべく奮闘した。(奥さんが)
僕もひとつだけ作ったが↓、簡単なようでなかなか難しかった。

「趣味の園芸」で見ただけの知識しかないので「こんな感じだろ!」で突っ走った。

でも飾ったらそれなりにサマになった。

3年前、玄関の外の壁面を野地板で覆っておいたのはやっぱ正解だった。
板だからこそこうやって好きなものを好きに飾れる。借家なのに。
園芸雑誌も園芸番組もキホン、賃貸住宅に住んでいる人間のことなんか考えてないから、日本中のガーデナーは自由に家の壁に穴を開けられると思っている。それで「皆さんも、どうぞ」とか言う。
賃貸住宅でそんなことしたら明け渡しのときに大家に何言われるか分ったもんじゃない、というのを身をもって知っているので、うちは極力室内でも屋外でも直接壁面には手をつけない。玄関の壁面を板で覆ったのはそういう理由からだ。正確に言うと屏風状の板を垂直に立てかけてあるんだけど。。
そのお陰でこうして人並みに植物を飾れる。
施工した奥さんに感謝である。

それに、日当たりや温度・湿度(エアコンの風など)、水やりのしやすさなどを考えると、この場所はこうもりらん的にもいい場所だと思うしね。
ここなら取り外さずに上から水をたっぷりかけられる☆

それにしても、賃貸でも持ち家でも、こういう半室内の柔らかい日陰でしかも背景が殺伐としていない場所ってガーデニングする上でかなり重宝する。
ということをこの6年間で学んだ。
広い花壇や菜園も嬉しいが、それだけでなく、こうして多肉や観葉を置ける場所があると気分転換にもなるし、<やれること、やりたいこと>の幅が広がって園芸がもっと楽しくなる。
庭の花を花瓶にいけて飾ったり、自分の作った作品を撮影したり・・・。
テラスやデッキ、玄関先は庭の中のマイ・ギャラリー、マイ・カメラスポットにもなるので自己充足感も得られる。
ここに越してくる前の家には屋根つきの小さなテラスというかベランダというか、そういう空間があって、ほとんどそのテラスに一目惚れして入居を決めた。まだガーデニングなんて1秒もしたことがなかったが、僕はそのテラスを「何か」でデコレートしたくてたまらなかった。
結局、その「何か」が「花」だった訳だが、実際そのテラスは重宝した。
真夏でも屋根があったので日差しに弱い植物を置いたり、挿し芽や苗床を置いたり、リースの写真撮影の場所に使ったり。
だだっ広い花壇に「ぶぁーっ植え」されたマリゴやネモフィラも圧巻だし、並んだチューリップも可愛いが、多少、屋根や壁といった人工的なものと調和させたほうが映える場合もある。
こうもりらんはまさにそういう植物。

明日は朝から晩までタイトな日程。
まだ今週始まって2日しか経ってないのに既にお疲れモード。(-_-;)

☆⊞ クリックしてもらえると励みになります ⊞☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ








産廃に強い行政書士をお探しなら!

2017.07.19 | | 観葉植物・インテリア

80年代リバイバルについて

今日は仕事で霞ヶ関にいた。歩いていると突然猛烈な勢いで雨が。。

10分前にスマホに入れてある天気アプリが「霞ヶ関付近に雨雲が接近中です」と教えてくれていたが、まさか本当に降るとは思ってなかった。
「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」の一場面を思い出す。
主人公マーティとガールフレンドのジェニファーが未来旅行から戻ってきたドクに連れられて2015年のヒル・バレーに降り立つとそこはドシャブリの雨。「下りろったってこんなドシャブリでどこいくの」と、せかすドクにマーティが言うと、ドクは未来の腕時計らしきものに目を落とし、ひとこと。
「もう止む」。
すると本当に雨が止んで青空が見えてくる。
子供ながらに、「確かに外にいながらにして雨の降る時間と止む時間が分ったら便利だなあ」と思って観ていたものだが、知らず知らずのうちに現実が映画に追いついている。アイウォッチ等のウェアラブル端末なんてまさにドクが持っていた時計みたいなものだし。
また、「バック~2」で描かれた2015年には「80'sカフェ」というお店が出てくる。BGMからファッション、化粧、髪型、内装までを80年代テイストに仕立てた「80年代カフェ」だ。映画が公開されたのは89年だが、2015年の世界では80年代は「オールディーズ」扱いで、ノスタルジーの対象になっている、という設定だ。
いまは2017年だが、周りを見回してみるとこれまた「バック~2」が「予言」したとおり、巷には「80年代」が溢れている。
待ち行く女の子達を見ていればよく分かる。
太めの眉に真っ赤な口紅、裾を折り返したデニムにサロペット、そしてアイアンメイデンやデフレパード、ガンズ・アンド・ローゼズといった80年代を風靡した「ヘヴィメタ勢」のエゲツナイ「メタルTシャツ」を何食わぬ顔で着こなしている子も増殖中である。
テレビや週刊誌でもなぜか「バブルってどんな時代だったんですか」的な特集が最近はやたらと目に付く。厳密に言えばバブル=80年代ではないが、僕も含めてその時代を知らない世代の人間にとっては「80年代=楽しい、浮かれている」というイメージが強い。
リバイバルというのは、過去のある時代の表面を「こんな感じかな」と掬い取って、「いま」の基準と混ぜ合わせることで広がるものである。
どんなに80年代回帰が流行っても「肩パット」だけはついぞ見かけないのは、現代人の基準からしたらアレは「NG」だからであろう。
そうやって取捨選択して使えそうなものだけを拾って、現代人の「許容範囲」に落としてゆく。それがリバイバル・ファッションのキホンである。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」からだいぶ話が飛躍してしまった。
雨はほんの1時間で止んだ。

雨が止むと急に気温が下がって、涼しいくらいになった。

仕事のあと、地下鉄丸の内線で池袋へ行ったらそこいら中に氷が落ちている。形も均一で、まるでケースから砕いた氷をジャコーっと掬い取ってわざわざ置いたみたいに氷が置いてある。最近よく駅前などでやっている納涼イベントか何かかと思ったら違った。
帰宅後ニュースをつけたら目を疑うようなヒョウの映像。池袋だった。
夏の空は突拍子もないことをする。
新しい折りたたみ傘を買おう。今持っているのはチャチすぎるのだ。
出来れば80年代に戻って買いたい。
絶対そっちのほうが丈夫なのが手に入るから。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物の許可 行政書士

2017.07.18 | | 未分類(日常、随筆)

観葉植物を植えまくる日

3連休最終日。結局どこにも出かけず今日も楽しくガーデニング!

まあ、平日にあっちこっち出かけてるからね。
仕事で、だけど。。。(-_-;)
100パーセント休み!ってときは大抵「庭にいます。」


昨日植えた花たち。通路の先っぽの、新しい寄せ植えコーナー。

実験的に多肉も投入しました。

昨日の雨で地面まで水が行き渡ったのだろう、通路の草花は皆機嫌よさげだった。

さてさて、今日は観葉植物の日。玄関前にお店を広げて、Let's寄せ植え☆

居間や玄関周りに置いてあった観葉植物が見苦しくなったので、そのリメイクも兼ねて。

ブリキのバケツにカラジウム、イポメア イレシネで。

奥さん作。

こっちはもともと植えてあったアイチアカに真っ白いダニヤ、シンゴジウム、アロマティカを加えた。
夏は白い葉が癒し効果抜群。

これは観葉植物じゃないけど。

ハイビスカス、ベゴニア、シルバーリーフのジニア、メランポジウムで。

ふぅー。植えた植えた。

柿と梅の木陰での作業だったから、今日はバテずに出来た。
連休終わっちゃったけどこの3日間、ぶっちゃけ休んでたって感じしない。てかむしろ疲れ溜まったわ・・・。
明日からまた仕事。。。もう一日欲しい。体力を回復させる1日が。。
でもまあ、庭もブラッシュアップ出来たし、心はすっきり。
頑張ろう☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







解体工事 登録 行政書士

2017.07.17 | | 観葉植物・インテリア

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム