アンチ・ポピュリズムの庭

せっかく行ったから北海道での花の思い出(といっても別にいい思い出ではない)を少し残しておこう。
先日の北海道出張では松前を観光して3日目は旭川動物園へ行き、その足で割りと近くにあった「上野ファーム」というガーデンへ行った。
富良野にある有名な「風のガーデン」(同名ドラマの舞台にもなった)とは姉妹関係にあるお庭で、同一のガーデンデザイナーの手による。自分でもなんとなく知っていたくらいだからガーデナーの間ではかなり有名な庭である。

ほとんど毎日雨だったが、この日だけは奇跡的に晴れて暑いくらいだった。
バスから次々と降りてくるたくさんの観光客で賑わう園内を小道を回遊しながら鑑賞。

北海道の高い澄み切った青空と雄大な風景を背にしたナチュラルガーデン。

どこを切り取っても園芸雑誌な世界に脱帽。

確かにキレイだしフォトジェニックだから行って損はない庭だとは思う。
が、結論から言ってかなり考えさせられる庭だった。
彩りや配置、遠近感や高低差などそれなりにどう見えるか考えてあるのは分かるが、やや単調だった。
よく見ると植わっている植物が繰り返しである。というかそういう印象を受ける。
多分、この庭を作った人にあまりユーモアとか枠から外れることをよしとする度量がないからだろう。
どこまでも型通りで生真面目である。
その証拠にお馴染みの1年草が全くない。
マリーゴールドくらいありそうなものだがただの1株もない。無論ベゴニアもサルビアもジニアもない。ユーフォルビア・ダイアモンドフロストやブルーサルビアすらない。グラジオラスやアガパンサスやユリといった見慣れた球根類も見かけなかった。
驚愕なのはラベンダーすらひとっつも植わっていない点だ。
7月初旬でも早稲のラベンダーなら咲いているからあれば分かる。(実際、富良野に行ったら咲いていた)
何が気に入らないのか知らないが、その徹底した<アンチ・ポピュリズム>こそがこの庭の主のセンスの源なのだろうと思った。
もっとも、雑誌に載るとかテレビで紹介されるといった意味でのポピュリズムは歓迎しているようなので、あくまでポピュラーな花を使わない、という意味である。

帰り際、ひとつだけポピュラーな花を見つけた。
それはベンチの背もたれに置いてあったプランターにポットのままぶち込んであった。
ナスタチウムだった。
それがこの庭で見た唯一の自分の慣れ親しんだ花であり、唯一ぞんざいに扱われている花であった。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ






2018.07.19 | | 行ってみた

微妙な差

37.5度。今日も溶けそう。ヘタレぷーちんの自分は今日は新宿へ行くのに奥さんに車で最寄り駅まで送ってもらった。
大変助かった。
どうせ新宿へ着いたらまた歩き回って汗だくになるのだけど、最初から心がアイスクリームみたいに溶けてしまうよりはいい。
埼玉はやや内陸なうえに海がないせいか東京より1度ほど気温が高い。
ちょうど名古屋と岐阜みたいな関係で、岐阜のほうが名古屋より暑いのと似ている。
その岐阜は今日は40を越えた。名古屋は39度だったそうだ。そのレベルになるともう39も40も同じだろう、と思うかもしれないがその1度の差はさいたまに住む自分にはよく分かる。
さいたまから東京に来ると、東京のほうが若干涼しい。本当に微々たる差だが、分かる。なんというか、暑さの質が違う。

東京の暑さにはどことなく救いがある感じがする。
風が優しく感じられる瞬間もある。実際、仕事が終わって外に出ると夕方になっていて、日陰に吹く風にはわずかだが優しさを感じた。歌舞伎町の人混みで信号待ちをしていてもそれは感ぜられた。
埼玉の場合はなんというかまとわりつくような重たい暑さである。
暑さが近い。
「大東京が吐き出した熱をさいたまが全部おっ被っている」という思いがさらに心理的な圧迫になってより蒸し暑く感じられるのかもしれないが。。。

仕事で外に出ると、炎天下のなか庭で作業しているときより暑く感じるのが不思議だ。
きっと庭に出ているときは雑念とか不安とかストレスとかから開放された、無心の境地だからかもしれない。書類カバンを持っている限り意識の中ではきっと仕事中で、仕事が終わっても完全にはオフになりきれていないのだろう。だから頭の活動でもエネルギーを使い、汗をかいているに違いない。
ある意味庭にいるときは脳みそがショートしてるのだ。ショートしたまま身体だけが動いている。
それはそれでマズイか。。。。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







2018.07.18 | | 未分類(日常、随筆)

夏歩き

今日は横浜で仕事だった。
家から駅まで10分ほど歩く。午後1時の太陽は街全体を白く霞ませるほど激しく照り付けて、道路上には逃げ場もない。自分の影でいいからドボンと飛び込みたいと本気で思った。駅に着くまでのあいだにハンカチは汗を含んで重くなり、ホームにのベンチに座ってやっと人心地ついた。
新宿で乗り換える。電車を降りるのが名残惜しい。
駅では誰もが辛そうな顔をしているように映る。
乗り換えた電車では太った男が隣に座ってきた。
太っている上に赤いTシャツなんぞを着ている。
メタボの太陽みたいだった。
その割りに本人はどこか態度が殊勝というか控えめで、この極暑にこの体系ですいませんと丸い背中が言っている様であった。だから隣に座っていてもさほど苦にならなかった。肌が触れ合わないように彼とは逆側に身を寄せつつ文庫本を読むのに少し苦労したくらいである。
横浜も暑かった。
帰りは東急で渋谷まで出た。
渋谷駅ほどの迷路はない。
ただでさえ分かりにくいのに拡張工事などをしているものだからどこもかしこも白い鋼板に囲まれて風景がなく、案内板がなければ自分のようなよそ者には到底目的の出口になどたどり着けそうにない。
六本木に行きたかったので銀座線に乗ろうとしたら乗り換え用の仮設通路みたいなところに追いやられて、ホームに上がるために4階建てのマンション程度の階段を上らされた。工事中でエレベーターも動いていないのだ。
ハイヒールにスキニーパンツのお姉さんも、サラリーマンも、女子高生も、おばさんも、皆黙々とその階段を上がってゆく。無論冷房なんて効いていない。直射日光が当たらないというだけで中はかなり蒸し暑い。
途中、くじけそうになったところで、踊場に「ホームまであと36段!」とか呑気な張り紙が貼ってあった。
引っ剥がしてやろうかと思った。
六本木で呑んだ。
ちょっと嬉しいことがあったのと、店の料理が中途半端だったせいもあり、呑み放題の酒で元を取ろうとした自分は調子に乗って強くもないのにハイペースに呑みすぎて気分が悪くなった。
暑気払いどころか余計に汗が出た。
いまいちサマにならない。
自分はきっと庭で草をむしっている方が似合いなのだと思った。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ












産業廃棄物の許可が欲しい!

2018.07.17 | | 未分類(日常、随筆)

今日は仕事。

今日は連休最終日!ワールドカップ決勝の余韻も蒸発する極暑で庭から湯気が立ちそうである。
少しは庭のお手入れしたかったけど、暑くても寒くても、どっちにしろ今日は超急ぎの仕事が入ったので全員出社してお仕事になった。
こんな日はさすがに外に出られないのでクーラーガンガンの部屋で仕事でもするのもまーいーかって感じ。。
朝、水だけやっておいたけどね。


この暑さ、和らぐことなんかあるのかね。。。
なんか9月までずっとこの調子な気がするけど。。
でも、思えば春くらいに「今年は猛暑になる」ってテレビで言ってたっけ。
猛烈な豪雨に見舞われたと思ったら今度は猛烈な暑さ。。。
被災地の人は本当にしんどいと思う。(-_-;)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2018.07.15 | | ガーデニング

「暑い」しか言えない。

酷暑という言葉が使われだしてしばらく経つが、最近ではそれに代わって<極暑>というらしい。
「酷く暑い」「酷なくらい暑い」から、「極めて暑い」「極度に暑い」へ・・・ということか。勘弁してくれ。。(-_-;)

確かに今日は極暑というほかない暑さで、外に出て3分歩いただけでこめかみに汗が垂れてきた。
夜、近所では通りを歩行者天国にして夏祭りが始まった。
道路の両側には出店が並び、焼きトウモロコシの香ばしいイ香りと太鼓の音が界隈に夏の世の楽しさを告げていた。
しかしこう暑いとその楽しさもさすがに半減するのではなかろうか。
何かののぼりに「納涼」の二文字が踊っていたが、浴衣美人も暑苦しそうに襟に指を突っ込んでウチワをパタパタ扇いでいたし、鉄板焼きの屋台の裏ではアンちゃんがペットボトルの水を頭から被って犬みたいに首を振っていた。
納涼もへったくれもない。
暑さにも限度ってのがある。

ギボウシの花はいかにも夏らしいが、ハッキリ言って今の日本はこの涼しげな花よりサボテンが似合う国になっている。

いくら夏の花が咲いていようと純白の入道雲が流れていようと、せせらぎにトンボが飛んでいようと、この灼熱の中では芭蕉だって一句も浮かばないに違いない。
暑すぎる 日陰はどこだ 熱中症
みたいな句しか詠めまい。

今日は東京は35度で埼玉は37度だったらしい。
月曜日は38度の予報だ。
もう煮るなり焼くなり好きにしてくれ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ


2018.07.14 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム