■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
気持ちが大事
今日は寒さも和らぎ日向はポカポカしていた。
車に乗っていると暑くて、スーツを脱いで暖房を弱めた。
スイセンがあちこちで咲いている。
夜、近所のバラ公園を走っていたら、何百株というバラが全て50センチくらいの高さで剪定されていた。
もうそんな時期かと走りながら思った。
バラがサッパリ剪定され、水仙が咲き、クリスマスローズが咲き、梅が咲く。
梅が咲いたらもう春の庭造りを真面目に考えていい頃だ。
焦る。。
うちのツルバラはこんな状態である。

もう訳ワカメな状態。
大家さんが外壁を塗りなおそうと画策しているそうなので、もうさっさと剪定してさっさと塗りなおさせてあげようかとも思う。
別にこっちが要求したことではないので変な話だが、やるなら冬の間にやってもらいたい。

大根とカブは食べきれないので畑に「保管」。

必要な時に引っこ抜いて食べている。昨日はカブをバーニャカウダで食べてみた。普通に美味かった。
「ス」が入るかもと心配しているけど、いまのところ大丈夫。
長ネギとサニーレタスも植えっぱなしで、同じように使うときに使う分だけ取って食べる。去年収穫したタマネギも庭にぶら下がっているものを使っていて、じゃがいもも庭で獲れたものが冷蔵庫にたくさん眠っているのでそれを食べている。
今年は本気でニンジンをやりたい。
あと、去年ズッキーニをやったら巨大化して葉と茎だけになったので、次はちゃんと実らせたい。

玄関周りももっと面白くしたい。

そのためにはプランニングとDIYが必要である。
ぼんやりとはイメージが出来ている。
なにせもう3年くらい温めて実行に移さずにいるくらいだから温まりすぎて温泉卵みたいになっている。
その割りに「ぼんやりと。。」でしかないのはご愛嬌。。

とりあえず、「したい」という気持ちが大事。
軽~い言い訳。。(-_-;)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ











産業廃棄物収集運搬業の許可が欲しい!

ガーデニング | 23:37:54
消えた「たしなみ」
日本は右傾化している、と言われて久しい。
右傾化というのは大衆が保守的な考え方に傾いていくことである。
では保守とは何か。
古きを重んずること、自国の歴史や伝統文化に誇りを持つこと、国土を守ろうとすること、進歩的・革新的な風潮や考えに逆らうこと、・・などなどである。
そしてネットが広まってからは<既存マスコミ(主に新聞・テレビ)を疑うか否か>が保守かリベラルかを見分ける最も分かりやすいリトマス試験紙となった。
ネットのお陰で朝日や毎日が何食わぬ顔で垂れ流していた過去の偏向・売国・虚偽報道がじわじわ国民の知るところとなり、動画サイトではキー局の朝のワイドショーがいかに民主党寄りに作られているか、NHKがいかに中国や在日朝鮮人に「忖度」して来たか、などなど、客観的に分析検証され、「偏向報道」という言葉が巷やお茶の間でも当たり前のように使われるようになった。
左翼のユートピア、新聞・テレビの死だ。
そこからさらに5年ほど経った。
朝のワイドショーも新聞もだいぶ大人しくなった。
いま、韓国がレーダー照射したのに開き直って日本を罵っている。
もしこれが20年前だったら、「日本に全く非がないといえますか?」といった韓国に理解を示すアホなコメンテーターの声で朝からムカムカしながらトーストをかじっていたはずだ。
ネット登場以前は、それが文化人の「たしなみ」だった。
作家、作曲家、歌手、芸能人、司会者、評論家、大学教授果ては漫画家まで・・・マスコミに登場する「文化人」とされる人は大抵みな左寄りだった。
戦争には負けたが経済では勝った先進国の余裕で、「謝ればいいじゃない」「お金で解決出来るならそうすればいいじゃない」「実際戦争したんだし、あちらさんにも迷惑はかけたんだから」
そういう立ち位置というかマインドで国際問題を語ることを好んだ。
そのスタンスが最も「馬鹿に見られない」と信じられていたからである。
「毅然として言うべきことは言うべき」「一歩も譲るな」
なんて言説は一発で「右翼」扱いされた。
それが00年代前半までの日本だ。
そういう風潮にムカムカしてもそれを吐き出す場がなかった。
なくてさらにムカムカした。
そう考えるとだいぶ変わった。
今は逆だ。
「謝ればいいじゃない」「あちらさんにも迷惑はかけたんだから」・・・こういうスタンスこそ一番頭の悪い人の言う言葉とされている。
もう誰も韓国の味方をしない。
少なくともテレビをつけていて韓国に理解を示したり、日本が悪いという人はてんで見かけなくなった。
それを朝日新聞などは「息苦しい時代」などと時々ぼやいたりしているが、言論の自由が保障されているのだから言いたければ言えばいいのである。
しかし国際問題に限って言えば、日本国が絶対悪いケースというのは滅多にない。
日本が約束を守らなかった、日本が嘘をついた、日本が他国を出し抜こうとした、日本が騙した、日本が歴史を歪曲した・・・・
ないない。(-_-;)
むしろそういわれるくらいの外交手腕が欲しいくらいの国である。
だから外交や国際政治、歴史認識問題などに限って言えば、偏向報道したくてもしようがない、というのが現実だろう。昔はそれでも裏も取らずにムードだけであることないこと印象操作の道具にしてきたが、今だとすぐに検証され拡散され、問題にされる。
だから出来ない。
マスコミは自分たちを権力のチェック機関だとうそぶいてきたが、そのマスコミをチェックする機関はずっとなかった。
だから好き勝手にやれた。
今はネット(というかネットユーザー)がマスコミのチェック機関になっている。
素晴らしいことである。
DSC_0333x983 (13)
いま、日本人の嫌韓感情はピークに達している。
次の選挙で韓国との断交を掲げた政党は躍進するんじゃないかと思うくらいだ。
韓国を守る日本人はもういない。いても表に出て来れない。
どうなることやら。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









大阪で産廃の許可を取るなら!

未分類(日常、随筆) | 23:15:43
庭が教えてくれる
今日は早起きして午前中からガシガシ行った。
幸い先週末のような寒さも風もなく、動いていると額に汗が滲んだ。

枯れ果てた一年草や雑草を取り除き、暴れた多年草や常緑低木の剪定をドドドっと。

まずクリアにしてからじゃないと何をどう植えるのか決めにくいので。。


ニュウサイランの裏のブロック塀を隠すために植えていたヘンリーヅタも撤去した。

冬は美しく真っ紅に紅葉するはずなのに気付くと葉が消えて茎だけになってしまうのと、ブロック塀を超えてお隣の敷地内に入り込んでしまうので。
後釜に左側のピラカンサを伸ばすか、立木性のバラでも植えようかと思っている。

5時間頑張った。

久しぶりの本気の園芸。

今植えた花たちは結局、4月の主役になる。
それも見越してもう1発爆買いして植え足したいところだけど、冬はまだ長いし、そんな暇ないし、ぼちぼち増やしていこう。


通路だけでなく玄関周りの寄せ植えやハンギングも冬苗でリメイクしておいた。

もともとリーガーベゴニアを吊るしていたのだけどさすがに寒さで痛んできたので。


庭に出るとあれもこれもとエンドレスに「しなきゃ」が湧き上がってくるが、その「しなきゃ」を一つでも片付けると、もっとちゃんと「したい」に変わる。

久しぶりに土を掘り、花に触れ、庭と戯れて、つくづくそう思った。

昨日買って来た千鳥草とジギタリスを植えた奥さんが、春が待ち遠しいと言っていた。
ヘレボの古い葉っぱを切ったら下にみずみずしい新芽が出ていた。
庭には、季節の肌感というべきものがある。
自分は寒がりだから毎日「寒い寒い信じられねえクッソ寒い」と言っては冬を呪っているが、その忌まわしい冬にも終わりが来ることを植物たちが教えてくれる。
指の先から、目の前で、ダイレクトに教えてくれる。
庭は、そういう貴重な場所。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





産業廃棄物の許可が欲しい!

ガーデニング | 22:52:13
岐阜とか!
年始から出張続きである。
今回は甲府⇒藤枝⇒名古屋で一泊して翌日(金曜日)は岐阜の揖斐(いび)川町というところへ行った。名古屋から車で2時間ほど、大垣の少し上にある街である。


昼過ぎだった。名古屋で何も食べずに来たのでお腹ぺこりーなである。大垣でも食べ損ねた。国道沿いにお店はたくさんあるがどれも埼玉でも入れそうなチェーン店で面白くない。わがままを言わず黙ってCOCO壱番館とかステーキガストにでも入っておればよいのだろがどうしてもそれが出来ない。
大垣を過ぎてしばらくしてふとナビを見たら「昼飯町」という町名が目に留まった。
少し行くと昼飯町である。
期待した。
しかし昼飯町には住宅とローソンとセブンイレブンがあるだけで気付くともう池田町という違う町に変わっていた。
見えるのは切り崩された山と川と田畑と民家だけ。
もう諦めて空腹のまま揖斐川町まで行くことに決めたその時、「洋食屋さん」という文字が窓の外を通り過ぎた。思わずUターン。

何でこんな小洒落たお店がこんなところに。。。
躊躇なく入った。
レディースじゃないがレディースランチセットを頼んだ。
前菜、サラダ、日替わりパスタとハンバーグと茎ワカメのようなコリコリした野菜が添えられたメインとライスorパン、食後のお飲み物。
デザートは380円のケーキを一つレジ横のショーケースから選ぶ。

結論だけ言う。
このお店が近くにある人は幸福だ。
岐阜は何気にお洒落で洗練された個人経営の店が多いが、このお店もまたそのひとつ。今後、岐阜に来るたびにわざわざ来たくなると思う。そのくらい良かった。
ハンバーグが美味過ぎてびびった。
岐阜県揖斐郡池田町の「サンローヤル」というお店。

池田町の上に揖斐川町がある。
揖斐川町での仕事はひと悶着あったもののうまく行った。
地元の人に町内の敢行スポットを聞いたらここを推された。

谷汲山(たにくみやま)華厳寺。
西国三十三所札止め(ゴール)のお寺だそうである。


初詣ではもう済ませたが今年一年の飛躍を祈念した。

で・・・出張から戻って1日置いて今日(日曜日)は久々の花苗爆買い!

12月からずっと忙しくて園芸店はもちろん自宅の庭にすらろくに出られず、このまま園芸をやめてしまいそうな自分がいたので気合を入れて買って来た。

不思議なもので買うとやる気が湧いてくる。

明日は復活のガーデニングDAY☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ


ガーデニング | 21:32:23
雪のくに
夜に着いた。

秋田県横手市。
仕事とはいえなかなかスリリングな道中であった。
岩手の北上まではほとんど雪景色らしい雪景色はなかったのに、秋田道で内陸に入り横手に近づくにつれてどんどん道路脇の景色が白くなっていく。しまいにはボタ雪が眼前に吹き乱れ道は片側1車線に。わだちを伝って手に汗握りながら走ること40分。ようやく横手ICから一般道へ出た。
ホテルで一泊し、翌朝仕事を済ませて街を走った。

雪の量がメガ。

「除雪費用だけで年間10億円くらいかかります」と役所の人。
今年は暖かかったので雪が降り始めるのも遅く、12月はそれほど降らなかったが1月に入ってからドカンと来たそうだ。
「帳尻を合わせてきましたねえ(笑)」
と役所の中でも長靴のその人は笑った。

話は変わるが横手は焼きそばで有名な町である。
最近流行のB級グルメとして全国的に注目されるようになった。
半熟タマゴが乗っている。

カレーみたいに福神漬けも添えてある。
甘めのソースと半熟の黄身に太麺を絡めて食べる。
美味。

市役所となりの「かまくら館」でかまくらにも入れた。
横手は焼きそば以上にかまくらが有名なのだが、街にかまくらが並ぶのは2月から。
しかしこの「かまくら館」では実物を体験できるコーナーがある。

分厚いドアを2つ抜けて入るとそこはマイナス10℃の冷蔵室。
マジで5分持たなかった。。。。(-_-;)
かまくらもさることながらその寒さを体感しに行って欲しいものだが、行くなら真夏に行きたい場所!

そんなこんなで昼過ぎには横手を後にした。

本当はもっと長く滞在したいのだが、明日も明後日も明々後日も仕事なので早めに帰る。
次の出張も控えてるし。。ふぅー・・・(-_-;)

あと358日頑張ろ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ



未分類(日常、随筆) | 23:54:34
次のページ

FC2Ad

まとめ